2018年03月15日

    父親を殺したくなった自分へD

    兄に送ったメールには、どのようなことを書いたろうか。太陽光パネルと鉄骨の顛末は書いた。私や、母親の反対は聞き入れられないという実情を伝えた。

    その他にも、近隣住民とのトラブルのようなことを書いた。詳しくは書かないが、鬱病で家から出れない人に聞こえる距離で、悪口めいた愚痴を大きな声で話していた。私の部屋に聞こえたから、本人にも聞こえたかもしれない。

    後は、手話通訳をしていることが背景にあり、自分は善人だと勘違いしているのか、女性差別や、美醜、特に肥満への悪口が激しく、最近では、中韓へのヘイトまで加わっている。そんなことも伝えた。今思えば、関係なかったかもしれない。

    その陳情に対して、兄は、とても大人めいた文章を返してきた。父親は、個人事業主として一匹狼として頑張ってきた。福祉活動にも参加していて、弱者のことを思っている。父親の暴力を乗り越えて、自分は強くなった。そんな内容だった。

    私は、父親の上っ面、善人面だけを見ていて、非常に危険性を感じた。だから、「騙されるな」という内容のメールを送ったのだけど、それも大人の対応のメールが帰ってきた。

    これは、声に出して誰かに伝えたことはないけど、父親は、兄の妻に手を出すくらいのポテンシャルを持っていると思う。もちろん、そんな可能性は低いと思うけど、やるか、やらないかで言えば、やる人間だと思っている。

    大人の対応のメールに、頭がきて、「もういいわ!死ね!」ぐらいの返信をしたら、兄の大人面の化けの皮が剥がれて、本音と思われるメールが帰ってきた。本音を言うと、兄も殺したいと思っている。




    スポンサーリンク
    posted by 一言感想侍。 at 17:36 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前:

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント:

    農業に関するブログをやってましたが『こちらのブログ』と合併しました。今は別のテーマで書いております。
    RDF Site Summary
    RSS 2.0
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。